激辛酵素ハバネロドラゴン OFFICIAL WEBサイト

ハバドラ日記

福祉作業所についての想い。

2016年11月05日 ハバドラ日記

福祉作業所のプロデュース

l_052障がい者の社会適応・自立においてとても重要な役割を果たす作業所。福祉作業所のプロデュースという言葉はあまり聞きなれない言葉だと思います。

しかし現状としてはボランティアや志をもった方が中心となって運営されており、経営が厳しいのが現状です。

そのため作業所で働いてる労働者への賃金も低額で、障がい者の方もしくは障がい者をもつ家族にとっては経済的負担はとても大きいものです。

私は、福祉作業所運営の仕事を紹介する事行うことで、このような現実問題を少しでも身近解決するため クラウドファンディングで呼びかけをすることをはじめました。

 

想いを伝える

障がいを持っていても

「働きたい」

「人の役に立ちたい」

「能力を活かしたい」

「実力を試したい」

「社会貢献をしたい」

という気持ちを持っている方はたくさんいらっしゃいます。

l_305

しかし、現実問題として一般企業などでの障がい者の就労というのは大変難しいのが現状です。

そのような現状においてますます大きな役割を担うのが福祉作業所なのです。

それは”働く”という行為そのものがもたらす精神的な充実感であったり、社会適応への第一歩であったりと様々な自立という大きな目標に貢献します。

私を初め 当プロジェクトに賛同していただく皆さま。

この福祉作業所がもっとうまく機能すれば、働く人もそれをサポートする人ももっと自分の目標に近づけていけると考えています。

そのためには作業所自体をもっと多くの人に知ってもらうこと、そして収益を上げることが必要ではないかと感じています。

当プロジェクトは、少しでも多くの方に 呼びかけ 是非成功へのお導きをお願いしたい。

そしてこのもっと機能するためのお手伝いを行っています。

見落としていた何気ないちょっとしたことでも売り上げなどは変わっていくものです。

働く人が働くやりがいをもてるように、関わる皆様の目標に少しでも近づけるように少しでも貢献できたらと考えています。

 

支援用途とスケジュールにてご案内してますが下記のとおりです。

 

支援金用途

①梱包材料費➡知的障がい者施設の人件費用の一部になります。(約18万円)

②梱包作業費用➡集まった支援金は、梱包作業の人件費の一部として活用させていただきます。(約32万円)

梱包作業は、福岡県内の知的障がい者施設にお願いします。

③什器費用➡子供たちの梱包作業に必要な備品を購入します。(約5万円)

④農業資材への一部充当(土壌改良等)(約10万円)

全国の発酵ファン、激辛ファン、糸島の食材ファンの皆さま、これから、共感いただける多くの皆さま クラウドファンディングを通じて 知的障がい者施設への約1万本分梱包作業を定期的にお願いするための社会共存へご支援をお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ご購入はコチラ ご購入はコチラ
PAGE TOP